2013年05月18日

二次会というと、出席者もだいたい新郎新婦の友人や同僚が多く、雰囲気もくだけた感じの パーティであることが多いですよね。

二次会というと、出席者もだいたい新郎新婦の友人や同僚が多く、雰囲気もくだけた感じのパーティであることが多いですよね。
それでも一応マナーというものはあります。

それでは、「結婚式の二次会」に招待された際のマナーについて解説します。

<出欠の返事は早目に>

もし結婚式の二次会に招待されることがあったら、何よりも先に返事をするようにしましょう。

返事を返さなければ幹事は何も決められません。

会場は会費というのはある程度決められていることが多いですが、しかし、返事が早ければ早いほど人数の目処がつくので色々と作業もし易いでしょう。

最も困るのは、期限を過ぎてから返事をすること、これは絶対にやめるようにしましょう。
忙しい人は返事の期限ギリギリまで二次会に設定された日が空けられるかどうかわからないという人もいるかもしれませんが、それでもギリギリまで粘るのではなく、早めに返事をすることを心がけてください。


<披露宴と二次会の両方に出席する場合の会費>

披露宴と二次会、両方に出席する場合は、ご祝儀とは別に二次会の会費を払うのが原則です。
新郎新婦側から、二次会の会費は不用という申し出があれば、その気持ちをありがたく受け取ってもいいと思います。「気遣いには、気遣いでお返しする」それが大人のマナー。たいていの場合は、二次会の会費もきちんと払う人が多いはずです。また、披露宴には出席したけれど、二次会は欠席してもマナー違反にはなりません。


<二次会だけに出席する場合のお祝いは>

二次会はほとんどの場合が会費制です。会費がお祝い金となりますので、二次会だけ出席する場合には、別にお祝いをする必要はありません。ただ、友人同士でお祝いの品物を贈る場合、1人が出す金額は先方が気を使わない程度(1人2000円~3000円)に したほうがよいでしょう。遅くとも挙式の1週間前までには届くようにしましょう。


<二次会の服装について>

披露宴+二次会の場合

披露宴に出席した人のほとんどが二次会に出席します。このため、披露宴の服装を基本にして考える方がよいでしょう。男性ならスーツ姿、女性ならワンピースにストールを羽織るといったスタイルが多いようです。普段とは違う雰囲気の上品な髪型や服装にしましょう。どうしても披露宴と二次会で雰囲気を変えたい場合は、男性ならネクタイをはずす、女性ならアクセサリーを変えるなどの変化をつけてください。

二次会だけの場合

二次会招待状に“平服で構いません”と書いている場合もありますが、男女共にそれなりの服装に身を包んだ方がよいでしょう。
また、二次会だけ参加するとはいえ、せっかくのお祝いの席、オシャレな格好をしたいのが本音だと思います。
男性なら、カラーシャツにオシャレなネクタイやアクセサリー、女性なら、ワンピースにステキなバッグやアクセサリーを身に付けてはいかがですか?
ただし、二次会が行われる会場によっては、カジュアルな服装でよい場合があるので、二次会会場の雰囲気を確認したり、一緒に参加する友人と相談してみるのもよいでしょう。

女性の場合、「白」は新婦の色なので、真っ白なドレスは避けるのがマナーです。


『結婚式にせよ二次会にせよ、新郎新婦の一生の記念なる日ですから、ぜひマナーを守って
素敵な一日になるようにしたいですね。』



あなた様に、素敵な花嫁さんになるためのおススメ商品がございます

   ↓ こちらをクリックしてください!




このサイトが、あなた様のお役に立てれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。
posted by しーさん at 17:22| Comment(0) | 結婚式の二次会のマナーについて | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

とくにコース料理では、ナイフやフォークなどの使い方のマナーをきちんとしておきたいも のです。

とくにコース料理では、ナイフやフォークなどの使い方のマナーをきちんとしておきたいものです。
披露宴会場では、席次表により、テーブル席が決められています。知らない人との食事で、マナーが分からなくて困ることがないようにしておきたいものですね。

以下にご紹介する基本をマスターすれば、お祝いの雰囲気にふさわしい優雅な立ち振る舞いを身につけられることと思います。

<着席>

テーブルに着くときは、椅子をひいてもらったら基本的に左側から椅子とテーブルの間に入るようにします。立つときも同様に椅子の左側からです。これは洋室では右側が上位なので、右を避けるためです。


<ナプキン>

ナプキンはすぐに広げるようなことはせずに主賓が広げてから広げるようにしましょう。
いつ広げるか確認するのが面倒なときは、オードブルが運ばれてくる直前に広げるのがいいとされています。
ちなみに、主賓より先にナプキンを広げると、「私には時間がないので、早く料理を出してください」という意味にとられてしまいます。結婚披露宴などの場合は、乾杯が終わって同じテーブルの上座の人がナプキンを取り上げてから、周りの人も広げるようにします。


<食事中に席を立ちたい時、ナプキンはどこへ置けばいいの?>

中座するときはナプキンをたたんでイスの上へ。(この状態の時は、「この席にまだいます」の合図になります。)

万が一、ナプキンを床に落としてしまったときも自分では拾わないこと。フォークやナイフと同様、サービス係の人を呼んで拾ってもらい、新しいものを受け取りましょう。

また、テーブルの上になにかをこぼしてしまったときも、自分では拭かずにサービス係を呼んで。そのときはお礼とお詫びの言葉を忘れずに。


<飲み物>

グラスに注がれた飲み物は一気に飲むのではなく静かに一口ずつ味わいましょう。

ワイングラスはグラスの脚の部分を片手で持って飲みます。ワインは、チューリップの部分を持つと、手でワインの温度が上がってしまい、せっかくの味を悪くします。

ワイン通のように、ワイングラスを回したり、グラスの底を指でつまんで持ったり、テイスティングをされる方がいらっしゃいますが、食事中はやめましょう。

サービスのスタッフが、グラスにドリンクを注ぐ時は、グラスは手で持ち上げません。また、グラスに手を添える必要もありません。どうしても気になる方は、テーブルに置いてあるグラスに軽く手を添える程度にします。

グラスに飲み物を多く残すことは良いマナーではありません。必要以上注いでほしくないときは、手をグラスの上に軽くかざします。

西洋料理の場合、食事中の飲み物としてはワインが一般的ですが、お酒が苦手な方は水でもかまいません。


<ナイフとフォークの使い方について>

テーブルには、飾り皿の左側にはフォーク、右側にはナイフ&スプーンが並べられています。
これらは、単純に外側から順に使っていきます。

まず右端のスプーンでスープを。

続くフォーク&ナイフでオードブル、次のフォークとナイフ&スプーンで魚料理、最後のひと組で肉料理をいただきます。

間違えてもサービス係が持ってきてくれますので安心してください。

食事の手を休めるときは、ナイフとフォークはお皿の上に八字の形に置きます。食べ終わったのでお皿を下げてもらってもいいときには、フォークとナイフをそろえて、お皿の上に斜めに置きます。


<ナイフやフォークを落とした場合はどうするの?>

もしも、ナイフやフォークを床に落としてしまっても、自分で拾う必要はありません。手を挙げてウエイターを呼び新しいモノと取り換えてもらいましょう。


<スープに関するマナー>

スープはスプーンを手前から奥へと動かしてすくい、音をたてずに飲むのがマナーです。音を立てたり、熱いから、と息を吹きかけるのもいけません。

最後になるとスープはスプーンですくえなくなってしまいますが、スプーンですくえないくらいの量になったら、そこでやめます。

皿の手前を持ち上げてすくう人もいるけど、本来はマナー違反・・・・。もちろんスプーンでかき集めたり、パンをつけて食べたりするのもよくない、とのことです。


マナーの基本は、周囲の方に不快感を与えないということにつきます。
間違った食べ方をしているからといって、披露宴の祝いの席でわざわざ指摘するのは、逆に指摘した人が良いマナーとは言えません。

お二人を皆さんと一緒に祝福したい!という気持ちがあれば、自然に振舞えます。
披露宴のマナーも、あまり堅苦しく考えず、スマートに、おめでとうの気持ちを伝えられたら素敵ですね。



あなた様に、素敵な花嫁さんになるためのおススメ商品がございます

   ↓ こちらをクリックしてください!




このサイトが、あなた様のお役に立てれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。
posted by しーさん at 14:25| Comment(0) | 結婚式のテーブルマナーについて | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

親戚や、友人などの結婚式のスピーチを任された時、大体の方は、どういったスピーチをす ればよいのかという事で、悩むと思います。

親戚や、友人などの結婚式のスピーチを任された時、大体の方は、どういったスピーチをすればよいのかという事で、悩むと思います。
結婚式のスピーチは、新郎、新婦のとても大事な結婚式でのスピーチですので、文章も大事になって来ると思います。ですが、焦る事はありません。
結婚式の挨拶で最も大切なのは、真心であり、二人を祝福するあなたの気持ちなのです。

新郎新婦からスピーチを依頼されたら、快く引き受けてあげてくださいね。スピーチを依頼されるということは新郎新婦と深いつながりがあったり、信頼されているということですよ。


<スピーチの準備>

結婚式スピーチ、初心者は原稿を読みながら話します。結婚式スピーチの内容を全て暗記して話すことは何回か経験を積んだ人などしか出来ないこと。
自信があれば別ですが、初心者は出来れば原稿や要点を書いたメモなどを見ながら話すことをおすすめします。

はじめは原稿に目を通しながら読み何回か繰り返してから次に、原稿から目を離して読む練習をします。

結婚式スピーチで原稿を読みながらすることは決して恥ずかしいことではありません。
人前で話すのですから、何度も間違えるよりしっかりと原稿を読みながらあいさつします。


<結婚式のスピーチの構成>

友人代表のスピーチなどの場合、あまり型にはまらなくてもいいかもしれませんが、最低限、最初にお祝いやお礼の言葉を述べ、最後に結びの言葉を述べる構成にした方がいいでしょう。
一般的なスピーチの構成は以下の通りです。

新郎新婦、両家の親族に対するお祝いの言葉
「○○くん、○○さん、並びにご両家のみなさま、本日はおめでとうございます。」
友人代表のスピーチの場合、「おめでとう!」などくだけた言い方でもいいでしょう。


招いていただいたことに対するお礼の言葉
「また、このようなすばらしい席にお招きいただきまして、誠にありがとうございます。」


自己紹介
「ただいまご紹介いただきました新郎友人の○○○○と申します。○○くんとは高校時代の同じ野球部に所属していました。」
フルネームで自己紹介して、新郎新婦との関係を説明します。どんな人なのかがわかると、聞く側も聞きやすくなります。


エピソード
新郎新婦の人柄や長所が伝わるエピソードを1~2つ話します。親しい仲だと、ついあれもこれも話したくなりますが、スピーチが長くなってしまいますし、話が散漫なものになってしまいます。

気をつけたいのが、失敗談や暴露談です。仲間うちでのパーティーならともかく、親族や年配者の方もいらっしゃるのであれば、避けた方がいいでしょう。またふざけすぎた内容や内輪ネタも避けます。政治や宗教の話も避けるようにしましょう。

エピソードの選び方としては、新郎新婦の良いところが出ている心温まるエピソードを選ぶといいでしょう。また新郎の友人であれば、新郎が新婦のことをどれだけ思っているかなどがわかるエピソードもいいでしょう。


激励・贈る言葉
新郎新婦に向けて励ましの言葉を贈ります。
「そんなふたりのことですから、きっとすばらしい家庭を築いていけることと思います。どうかいつまでも仲良くすてきなカップルでいてください。」


結びの言葉
最後に改めてお祝いとお礼の言葉を述べます。
「本日は誠におめでとうございます。ありがとうございました。」


<結婚式のスピーチで使いたくない言葉>

結婚式などでは、縁起の悪いことを連想させる言葉(忌み言葉)を嫌う習慣があります。

結婚式での忌み言葉

不幸を連想させる言葉
死ぬ・四(死)・九(苦)・枯(か)れる・失う・失敗・消える・つぶれる・衰える・憂
(うれ)える・閉じる・散る・薄い・患(わずら)う・倒れる

離婚を連想させる言葉
去年・去る・帰る・出る・離れる・別れる・戻る・返す・終わりに・断る・破れる・捨てる
・逃げる・飽きる・最後に・途絶える・嫌う・流れる・冷える・割れる

再婚を連想させる言葉
重ねて・再び・またまた・重ね重ね・二度・再三・再々・かえすがえす・出直す・度々・繰り返し


<スピーチの長さは、どれぐらいが良いのでしょうか?>

結婚式のスピーチは、ある程度の長さが必要ですが、長すぎてもいけません。

では、どれくらいの長さがよいのか、というと、一般的には結婚式の挨拶、スピーチで求められる長さは約3分。長くても5分といわれています。

原稿用紙に直すと、900字、ということになります。3分間で900字ですので、これを原稿に起こして、文章を考えるとよいでしょう。


<サプライズスピーチ>

披露宴の中で、ゲストに事前の案内無しにいきなりスピーチをお願いされる場合もあります。
定型文でないカジュアルな雰囲気のスピーチで披露宴を盛り上げたい・多数のゲストの方に一言頂きたいのでサプライズのカタチでテーブルスピーチを、などという新郎新婦の想いがあってのことと思いますが、スピーチの苦手なゲストからすると心臓バクバクの避けたい演出ですね・・・

こうした場合、大抵は新郎新婦がスピーチの得意そうなゲストを事前に司会者に伝えて誰にスピーチをお願いするかを決めてあるものですが、しゃべるのが苦手でなくとも急に「スピーチを」と言われると焦ります。

もしものときを考えて、簡単なスピーチを考えておくとよいでしょう。1分程度の短いもので大丈夫です。新郎、または新婦とのエピソードを思いだしながら自分の言葉でまとめてみてください。


あなた様に、素敵な花嫁さんになるためのおススメ商品がございます

   ↓ こちらをクリックしてください!




このサイトが、あなた様のお役に立てれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。